Skip to content

プレスリリース

セキュリティ技術の競技大会「Trend Micro CTF Asia Pacific & Japan 2015」
韓国のCyKorが優勝

2015年11月22日


トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン 東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)は、セキュリティ技術の知識や実践力を競い合う競技大会「Trend Micro CTF Asia Pacific & Japan 2015(以下Trend Micro CTF ※1)」の決勝戦を、2015年11月21、22日に実施し、韓国のCyKorが優勝したことをお知らせします。優勝チームは、賞金100万円ならびに2015年12月に台湾で開催される「HITCON CTF FINAL 2015」決勝戦の出場権を獲得しました。

Trend Micro CTFは、設問30問(6カテゴリ各5問)を参加者が解いていき点数を競う「ジェパディ(Jeopardy)」形式の予選と、サーバへの攻防戦を繰り広げる「アタック・アンド・ディフェンス」形式の決勝戦で構成されます。9月26、27日に開催されたオンライン予選には、日本を含むアジアパシフィック地域からは29の国・地域からの参加があり、合計で881チーム、2,283名が参加しました。決勝戦は、予選を突破した上位10チーム(1チーム最大4名)が参加しセキュリティの技術を競い合いました。
決勝戦の順位は以下の通りです。

順位 チーム名 国・地域 総合点 賞品
1位 CyKor 韓国 420 賞金100万円、
「HITCON CTF FINAL 2015」決勝戦出場権
2位 blue-lotus 中華人民共和国 210 賞金30万円
3位 TokyoWesterns 日本 150 賞金20万円
4位 OO AT XX 4 台湾 130  
5位 binja 日本 100  
6位 217 台湾 100  
7位 K17 オーストラリア 0  
8位 0ops 中華人民共和国 0  
9位 _0×0_ 日本 0  
10位 BambooFox 台湾 0  

Trend Micro CTF決勝戦の順位

 

優勝チームのコメントは下記の通りです。
このような大会で優勝できたことを嬉しく思います。他のチームからのサーバへの攻撃を効率的に防御出来た点が優勝のポイントだと考えています。なによりもチームメイトとの協力が最大の勝因と考えています。

※1 CTFはCapture the Flagの略で、セキュリティの知識や技術、実践力を競い合う競技大会です。

※ TREND MICROはトレンドマイクロ株式会社の登録商標です。各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。