Skip to content

ニュース&トピックス

グローバルマーケットシェアレポート
クラウドセキュリティでトレンドマイクロがNo.1に

2012年5月9日


※本リリースは、現地時間2012年4月30日に米国にて発表されたプレスリリースの抄訳です。

第3者による市場調査のレポートにおいて、トレンドマイクロがクラウドセキュリティソフトウェアのリーディングプロバイダーに選出されました。

2012年4月30日 カリフォルニア、クパチーノ
世界的なクラウドセキュリティのリーダーであるトレ ンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:エバ・チェン、東京証券取引所:4704)は、TechNavioによる“グローバ ルクラウドセキュリティソフトウェア市場レポート”において、急速に成長するグローバルクラウドセキュリティソフトウェア市場をけん引する主要な企業に選 出されました。

グローバルクラウドセキュリティソフトウェアに対するTechNavioの市場予測は、2010年において2億4100万米ドルでしたが、 2014年には9億6340万米ドルに届き、41.4%の年平均成長率で市場は拡大すると見込まれています。世界のセキュリティソフトウェア市場における 4つの主要な企業のうち、トレンドマイクロが、もっとも高いマーケットシェアを保持しながら、市場をリードすると見込まれています。TechNavioの レポートは、多様な地理的範囲を網羅していること、定着した顧客基盤、そしてブランド評価から、トレンドマイクロが市場の中心になりうると指摘していま す。クラウドと仮想化サービスプロバイダーであるVMwareとの協業、またHP、Cisco、Dell、Microsoft、Oracle、そして Wiproとのパートナーシップについても言及しています。

TechNavioのレポートでは、“グローバルクラウドセキュリティソフトウェア市場をけん引する主な要素は、重要データを保存するためにク ラウドサービスの利用の増加や、クラウド特有の攻撃の急増である。柔軟性、コスト削減、可用性などの多様な要因により、データをクラウドに移行する企業数 が増加している。” と述べられています。

“クラウドセキュリティ市場におけるトレンドマイクロの優位性というのは、私たちがクラウドセキュリティの革新に力を注ぎ、集中してきた結果で す。この革新によって、私たちは世界中のクラウドインフラに影響を広げると同時にセキュリティを極限まで高めながらも複雑性を軽減し、よりよいユーザエク スペリエンスを提供しています。“と、チーフプロダクトオフィサー、スティーブ・クワン氏が述べています。

今回の調査以前には、IDCによる“グローバルエンドポイントセキュリティ2011-2015年予測と2010年ベンダーシェア”において、 コーポレートエンドポイントサーバーセキュリティのリーダーとして、また世界の仮想化セキュリティのマネージメント市場におけるリーダーとしても評価され ており、TechNavioの“グローバル仮想化セキュリティマネージメントソリューション2010-2012年”で、これらの評価について報告されています。

仮想化とクラウドの領域において、トレンドマイクロは、Trend Micro SecureCloud、Trend Micro Deep Securityという2つの主要な製品を提供しています。

※TRENDMICRO、Trend Micro Deep SecurityおよびSECURE CLOUDは、トレンドマイクロ株式会社の登録商標です。
※各社の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。